生活のなかで本を上手に活用できるようにするための整理術について、自分の知っている整理の仕方を書きました。

充実時間 読書や本のある生活
充実時間 読書や本のある生活

生活で本を生かすための整理術

これまでに調べたいことがあるのにそのことについて書かれた本をどこにしまったか忘れてしまい、結局見つけられないまま終わってしまったという経験はないでしょうか。生活のなかで本を上手に使うには、本の整理術が必要不可欠なのだといっても過言ではありません。本というのは情報です。料理、健康、医療、その他暮らしの中で必要となる知識について、必要な時、必要な知識を的確に探し当てられてはじめて「本を暮らしの中で生かせている」といえるようになります。逆に、いくらたくさんの本を所持していても、その時に必要としている本を探し当てられなければ宝の持ち腐れというものです。

では、どのようにすれば暮らしに役立つ本の整理ができるのかといえば、その鍵となるのは本に対する優先順位のつけ方にあります。各ご家庭にはその家庭なりの暮らしのパターンというものがありますので、そうした特徴にあわせて必要とされている情報も異なってきます。我が家ではいかなる情報が頻繁に必要とされているかということは、そのご家庭が一番よく熟知されていることでしょう。大切なのは、利用する頻度の少ない本の整理です。四六時中利用している本の場所は、別に意識せずとも自然と覚えているものですが、いざという場合には必要となるかも知れまいけれども普段はあまり開くことのない本。そうした本を杜撰に扱わず、いざ何かがあってその本が必要となった時にすぐに「あそこだ」と見つけ出せるような場所においておくことであり、それはつまり日頃から分別されない無造作な本の山などを作らず、購入した本は面倒臭がらずそのたびごとに必ず何かしら分類して保管しておく、という習性をつけておくことが役立つ本の整理につながるのです。
おすすめサイト


Copyright(c) 2017 充実時間 読書や本のある生活 All Rights Reserved.