本が生活の中で溶け込むことで得られる心の豊かさについて、これまで本を利用してきた体験から感想を書きました。

充実時間 読書や本のある生活
充実時間 読書や本のある生活

本のある生活の豊かさ

日々の生活を振り返ってみれば、そこには様々なものによって私たちの暮らしが支えられていることに気づかされるのではないかと思います。本もそうした日々の暮らしを支えてくれる大切な柱の一つです。時には生活に役立つ情報のマロ目として、時には知識の源泉として、時には娯楽として、本は私たちの生活にすっかり溶け込んでいます。紙を使ったメディアとは、それこそテレビやパソコンがなかった時代から情報を運んできました。社会で生きる人々を情報でつなぐ力としてメディアは大きな影響力を持っています。人間と動物を分ける要素として言葉・知識・記録・文字といったメディアの存在を上げるならば、まさにほんとは人間の歯辰の歴史そのものを担っていたといっても過言ではないかもしれません。そして、テレビやパソコンといった新しい時代のメディアが登場しても、本というメディアは社会を大規模にカバーしており、まだまだ大きな影響力を持っていると言えるでしょう。

本の良さというと、私の意見としてはですが、知識や情報が自分の心の奥底と深く結びついたような感じがあるところです。紙に書かれた文字や表現というものあなかなか消えるものではなく、不思議なことにそのメディア媒体としての情報が消えない耐久性が、そのまま私の記憶の中でも記録として結びついてくるような感覚があります。一方で、パソコンやインターネットといったデジタル情報で摂取した情報は、パット頭の中に入ってきますが、同時にパット頭から消えやすそうな感触もあり、この感覚的な部分はうまく言葉では表現できまえんが、とても大切なことではないだろうかと私はそう考えています。
おすすめサイト


Copyright(c) 2017 充実時間 読書や本のある生活 All Rights Reserved.