近くの本屋さんが減ってさびしい現実も。ネット直販で生活が便利にはなっても、昔の立ち読みは懐かしい。

充実時間 読書や本のある生活
充実時間 読書や本のある生活

ネットなどで生活が便利に、でも本屋さんの立ち読みが懐かしい

いま近くに本屋さんが少なくなっています。昔ながらの本屋さんでは商売にならないということなのでしょう。欲しい本や調べたいことがあって、そのための本を探したい時は、遠くの大きな本屋さんまで出かけなければならないので不便ではあります。最近はインターネットで注文してコンビニなどで受け取れる方法を利用している人も多いようです。これならわざわざ遠くまで行く必要もなく、最寄のコンビニへ行けばいいのですから便利な方法です。ネット環境を利用することで普段の生活は大変便利になってきてはいますが、これを利用できない世代にとってはとても不便なことかもしれません。

必要な本はコンビニで。確かに便利でしょうが、本屋さんでいろいろ探し回り、頭に描いた本を見つけることも楽しいのですが、ちょっとしたきっかけで手に取った本を買い、非常に感銘を受けるようなこともあります。また何も買わなくても、本屋さんで見て回ることが好きな人だっているでしょう。本屋さんには悪いですが、立ち読みは本当に楽しいものでした。今ではせいぜい、コンビニの雑誌コーナーがその場所でしょうか。実物の本を手にしなくても、スマホやパソコンでも本は読めるようになってきています。著作権の問題もあるようですが、その問題が決着すればさらに一般化することでしょう。デジタル化したものは古くもならないので、古本というものもなくなってしまうのでしょうか。でも私は、今後もアナログの本は別格の価値があるように思います。
おすすめサイト


Copyright(c) 2017 充実時間 読書や本のある生活 All Rights Reserved.